読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市野営読本

オッサン中退ジジイ見習い

脳元気へ向けて

 いくつかの記したいことがある。
 読んでみたいのだが、ないなら記すしかないかと。
 あれば、読むだけで十二分。
 暮らしにぜひ、引用したいのだった。

 

 おそらく生きている間には、記すことができないだろう。
 何せ、今も稼がなくちゃならないから^^。
 だから、今日も図書館へ出向き、該当するものを探す。
 それぐらいはする。

 

 読みたいものは、次に示すようなことだ。
 ま、企画案みたいなものか^^。
 平均台の上でフラフラしながらも、存外、マジなんである。

 
 ■都市物語千文字千本
 ■21世紀版落書き『壁は語る』
 ■とんずら労働術への誘いマニュアル
 ■標本〈愛=表現=暮らし〉
 ■平成四季派手帖
 ■写真集・プール絶景
 ■水に映写した水百景
 ■都市サバイバル・ノート
 ■花・はな・ハナ地表図
 ■子どもを暮らすジジイ、もしくは死体見習い読本
 ■付録・てんやわんや

 

 何やら意味不明かもしれないが、仕方ないか。
 説明すると、長くなるし^^。
 説明だけは長いぞ。

 

 そうした中、絵本『お父さんのゲーテ号』というのも考えている。
 要は、おっさんが、自転車を改造、リヤカーに畑を作り、引きながら全国行脚する物語である。

 飛び出す絵本なので、ナスがときにプレゼントされる。
 志は高く、一応、『イージーライダー』の続編の心積もりだ。
水戸黄門』テイストも交えたい。

 

 詩集では、『ラブ・インプロヴィゼーション』。
 これは、若いころ書き記した汗顔の至りの文字を並べ直す双六遊びのようなものか。

 

 あ、ミニコミでは、次のようなものも読みたい。
 ■現在詩1万日
 ■健康ごっこ大全
 ■未来人、かく語りき
 ■命を革める道しるべ

 

 とまあ、相変わらずな。
 梅雨の部屋ごもりも、「何だかな」なので、これからチャリで図書館へ出向くんだった。
「おれは、やはりどうにかしているな」
 そこが、まあ、らしいということで、ご容赦を。

f:id:beatjw:20140607104017j:plain

 

 ちなみに、ここはあまり、アップすることがない。

 発作的に記すことがあるかも。